WiMAXの1年契約がもう少しで終了…

7月からWiMAX2+のキャンペーンが強化されていよいよWiMAXからの移行が本格化してきました。

WiMAX2+の発売当初はキャッシュバックが最高でも12,500円だったのが、今や23,780円で上昇しています。それに伴って従来のWiMAX、中でもWiMAXの1年契約のものは数自体が非常に少なくなっています。

理由としてはWiMAXに使用している周波数帯をWiMAX2+に変更するからです。WiMAX自体の帯域は狭くなるので2年契約は絶対におすすめ出来ません。1年契約がマストです。

WiMAXで1年契約のキャンペーンまとめにあるようにキャンペーンを行っている会社は3社に絞られます。現状niftyとGMOが2強になっています。中でもniftyは8インチのタブレットがもらえる大変お得なものになっています。

WiMAXも2年契約にするとキャッシュバック額が2万円を超えますが、上述の理由から私としてはおすすめしておりません。素直に1年で契約して1万5千円のキャッシュバックをもらった方が賢明です。

まだまだWiMAX2+に対応しているエリアは狭いです。地方に住んでいる人(私もですが)にとってはまだまだWiMAXで十分です。

海外でさくさく使える!モバイルWiFiルーター

海外旅行に行っても、スマホでネットをさくさく使いたい!という人は多いはずです。

国内でも海外でも、慣れない旅先だと道に迷ったり、事前に調べたお店の行き方がわからなかったり、そもそも現在地がよくわからなかったり……ということはよくあります。
そんなとき、普段使っているスマホで地図を見たり、ネット検索ができたらとっても便利ですよね。

私は今年の春、韓国ソウルに旅行に行きましたが、そのときにモバイルWiFiルーターを利用しました。
まずはネットでモバイルWiFiルーターを探します。ネットから申し込みができます。
そして、空港で受け取ります。空港にはモバイルWiFiルーターを貸し出すカウンターがあるのでわかりやすく、事前に申し込んでおけばすぐに受け取れ、使えます。

当日申し込みもできるみたいですが、ゴールデンウィークや夏休みなどの混雑時は事前申し込みの方が間違いないでしょう。実際、私が見たカウンターでは、当日受付終了のところもありました。
また、渡航先によって料金が違うので、事前にチェックしておくことをオススメします。

さて、実際の使い心地ですが、すごいです。かなりさくさくネットにつながります。
私が借りたのは複数台同時に使用できるものだったので、同行者とともに使うことができ、地図や観光のサイトだけではなく、いつも使っているSNSも楽しむことができました。

ソウルのような都会だと、無料WiFiもありますが、パスワードをいちいち入れなければならなかったり、つながらないところもあったりするので、モバイルWiFiルーターを持ち歩いた方が心配なく便利だと思います。
ただし、バッテリーの持ちはあまりよくなかったので、使わないときは電源を切るなどして工夫していました。
返却も、空港でできます。とても便利なものだと思いました。

役立ったモバイルwifiルーター

妻が1ヶ月の長期入院をすることになり、病院での退屈しのぎのためにipad miniを購入しました。ところが家族のうち誰もスマートフォンを持っていないほど、インターネット音痴。wifiといわれても、それがどんなものなのかぴんときませんでした。ipadさえ手元にあれば、すぐにでもインターネットが楽しめると思っていたほどです。もちろん、そんなことがあるはずがなく、wifiができる手段を模索することになりました。

そこでiphoneを使っている義理の弟に聞いたところ、NTTでモバイルwifiルーターのサービスをしていることがわかりました。パソコンからサイトを調べて、さっそく申し込みました。モバイルwifiルーターを申し込んだだけではすぐにインターネットができず、プロバイダの選択と契約など、不慣れなことばかりで時間だけが過ぎていきます。このままでは、インターネット環境が整うまでに妻が退院してしまうのではないかと思ったくらいでした。

そうしてようやくipadとモバイルwifiルーターがそろいましたが、設定がうまくできません。今度もパソコンで遣い方を検索してみて、ようやく設定の仕方がわかりました。得意満面になって病院にipadとモバイルwifiルーターを持っていった日のことが忘れられません。この二つがあったおかげで、入院中でも足りないものをインターネットで注文でき、退院後もベッドに寝そべりながら手軽にインターネットを楽しむことができるようになりました。

やっぱり使いやすいWiMAX

小さな端末機これ一つで家の中、外出時のウェブサイト検索などもはやかなりの市民権を得るようにまでなったモバイルWiFiルーター。

最近では家の中で使っていた光ファイバーなどの契約をやめ、モバイルWiFiの機器だけを契約し愛用している人もかなり増えているようです。

ヨドバシカメラなどの家電量販店では通信事業会社が様々なプラン、料金設定を出したりPC本体との購入で安く買う事ができたりと色々PRしていますよね。チラシなどもお店の中のあちらこちらでたくさん見受けられます。

WiFiの契約ができる通信会社には様々ありますが結局の所、何を基準に選ぶのかはやはりどれだけの頻度で回線接続しているかに尽きるでしょう。

各社色々なサービスがありますが少しわかりにくい事になっているのがやはり「帯域制限」の問題ですね。

今のところ、「帯域制限なし」をはっきり打ち出しており価格面、プランや料金などのわかりやすさ、口コミなどを考慮にいれてもWiWaxがかなり
人気のようです。

やはり外出時でも仕事や趣味の上でかなり多くの動画、写真などは目を通したい所ですよね。そうすると帯域制限がかかってしまうものは
かなりの頻度で動画、写真などのアップロード、ダウンロードをする方に取ってはどうしても選択肢の中には入りません。

とここまでは良かったのですがどうやら今から2、3年後あたりをメドにWiMaxも帯域制限をかけるかけないの話が出てきている様子です。

WiMAXはこれまで帯域制限なしを宣伝にしてきたので実際の所どうなるかはまだわかりませんが少なくとも家出も外出先でもモバイルするなら今の所やはりWiMAXがかなり使い手側としては魅力的ですね。

 

電話回線の工事不要で、すぐ使えるWi-fiモバイルルーターのWiMAX

家の環境もあり、どうしても電話回線を使っての光回線やブロードバンドを使用する事が出来ない状態だったんです。それでも、インターネットを使いたい楽しみたい気持ちがありました。そんな時に、WiMAXの広告をいただきまして、これは良さそうだなぁと思い利用してみようと思いました。 「電話回線の工事不要で、すぐ使えるWi-fiモバイルルーターのWiMAX」の続きを読む…

WiMAXを使用して感じたこと

私は2年契約で一月あたり2000円弱になるということで、あるWiMAXルータを購入し、契約を結びました。フルに充電していればACアダプターなしでも1日中使用できますし、名刺サイズでとてもスリムであるため、持ち運びにとても便利なところが気に入りました。

私はiPadを使用していますので、このWiMAXを使ってインターネットに接続しています。

普段、自宅などではACアダプターに接続して使用しているのですが、あるとき突然インターネットに接続できていないという状態に陥りました。おかしいなと思ってiPadからWiMAXルータにアクセスし、設定画面を確認したところ、何と、ACアダプターに接続しているにもかかわらず、バッテリーが0%になっていたのでした。

すぐにACアダプターとWiMAXルータの接続部分を確認してみたところ、接続部分がゆるゆるで簡単に抜けてしまうのです。グッと強く深く差し込めば、画面は「充電中」という表示になるのですが、ちょっと油断していると、またACアダプターが抜けた状態になってしまいます。これでは安心して使えません。

また、外国へ行ってこのWiMAXルータを使おうと思っても使えないということもわかりました。外国ではその場所で利用できるWIFIの電波を拾わなければならないのです。これはちょっと意外でした。

さらに国内でもちょっと田舎へ行けば、たとえWiMAXルータがあっても全くインターネットには接続できません。

このようにWiMAXは便利ではありますが、どんな状況であっても使えるというものではないということを知っておく必要はあると思います。